医療機関で受けるレーザー脱毛

レーザー脱毛といえば医療機関かクリニックで受けることができる脱毛方法のことを言います。

レーザーを使うには医師免許が必要になるので、通常エステやサロンで受けることはほとんどできません。
エステやサロンに医師免許を持った医師がいて、常にその医師が施術を行うというのであれば可能ですが、医師がいてクリニックを名乗らないのはメリットがないので現実的ではありません。

梅田の全身脱毛の情報が揃っています。

レーザー脱毛は強い電流を流して毛根を焼き切るという方法で脱毛を行うので、かなりの痛みを伴います。
しかし、麻酔技師がいる医療機関であれば施術に麻酔を受けることが可能です。

部分麻酔で感覚を麻痺させておけば施術における痛みをほとんど感じることなく永久脱毛という効果を得ることができるのです。

しかしながら、一度で施術が完了することはありません。毛には毛周期というものがあり、表面上はきれいになっても三か月後には眠っていた毛が生えてくるのです。



よって三か月おきに通う必要があります。



また、医療機関で受けることができるとはいえ、保険はききませんので自由診療です。つまり、高額な施術料が必要になるのです。

最近では低金利の美容ローンもあるのでレーザー脱毛を受けるならそういったローンも視野にいれて検討することも選択肢のひとつです。


当然お金と時間に余裕があるのであれば永久脱毛という結果を得ることができるレーザー脱毛は魅力的です。

脱毛を行っているクリニックや病院があるならぜひ通うべきです。