補聴器の種類による違いについて

  • 補聴器の種類による違いについて

    • 補聴器にはいくつかの種類があり、見た目が違うだけではなくその機能なども異なっています。そのため、自分の耳に合うスタイルを見つけるだけではなく、使う場面や状況によってそれに適した機能のものを選ぶことが大切になってきます。


      大きな種類の違いとしてはアナログもしくはデジタルと言うところで、アナログは単純に周囲の音を増幅して聞こえるようにしているものとなっており、雑音が多くうるさいというデメリットを持っているため現在ではほとんど利用されることはないと言えます。
      その代わりに登場したデジタルには集音機能だけではなくそれを調整することができる機能もあり、その人の聞こえ方によって調整することができるようになっているのが最大の特徴です。

      そしてデジタルの補聴器の種類には大きく分けて5つあり、その中の耳穴型にも2種類の形が存在しています。

      それがCIC型とカナルタイプであり、CIC型は補聴器の中でも最も小さいタイプとなっており、外耳道に完全に入るほどの小ささとなっています。
      そのために見た目としては最も目立ちにくくなっており、最も自然な音が聞こえるタイプとなっています。

      そしてカナルタイプはCIC型よりは大きいですがほかの補聴器よりも目立ちにくいのは同じであり、パワータイプと呼ばれるものはCIC型よりもボリューム調整がしやすく高難度の難聴にも対応しているなど、ボリュームコントロールに長けているという機能性が特徴となっているタイプです。

      現在、補聴器には様々な種類のものがあり、それぞれに特徴や使いやすさの違いなどが存在しています。代表的なものには耳穴に収まるような種類のものがあります。これは耳の穴にすっぽりと収まるような小型なものから耳の外からでも見えるような大型なものまで大きさがさまざまありますが、個人の耳の形状に合わせて作るオーダーメイドが主流ですので、違和感のない自分にピッタリなものを使用することができるようになります。他には、耳にかける種類の補聴器も存在します。


      こちらは耳にかけるだけですので、補聴器に触れることが容易であることから他の機種に比べて扱いやすいという特徴があります。


      これ以外にも本体をポケットに入れてイヤホンとコードをつないで使用するMDプレイヤーのような形状を持つものやメガネのツルの部分に装置が組み込まれたメガネと一体化したものなども存在しています。また、離れた場所に置かれたFMを受信し、それで手元の補聴器に音を送るという特殊な機能を有するものも開発されました。
      このように種類は様々ですが、補聴器にとって最も大切なのは各個人の「聞こえ方」をどのように補助するかです。人によって聞こえ方や耳の形は全く違ってきます。
      まれに安さなどを宣伝文句にして新聞や雑誌などの広告に載っているような業者がありますが、この機器に求められるのは各個人に最適であることです。

      もちろん、一概に安いものが悪いというわけではありません。


      安くて素晴らしいものも多く存在はしていますが、購入を考える際にはよく考えて決定することをおすすめします。

      梅田で胃カメラ情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

      銀座の歯科の情報を公開しているサイトです。

      新宿のAGA治療は評判がとっても良くて有名です。

      東京のagaを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

      銀座でホワイトニングの最新情報を掲載しています。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5728814.html

      http://girlschannel.net/topics/659617/

      http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0500U_V01C10A0CC0000/

  • 関連リンク

    • 補聴器にはその見た目や性能によって多種多様な種類があり、その中のひとつに耳かけ型と言うものがあります。これは名前の通り耳にかけて利用するタイプの補聴器であり、耳の奥まで直接入れ込むというわけではないので違和感が少なく、比較的使用しやすい種類のものとして利用している人も多くなっています。...

    • 音や声が聞こえにくくなった耳に利用することができる補助系の医療機器である補聴器は、初めて利用する場合や中等度もしくは重度の難聴などの場合には、眼鏡屋などで購入するよりも専門の販売店で購入することがオススメされています。医療機関でも懇意の販売店を紹介してもらえることが多く、医療機関側としても販売店での購入が推奨されているようです。...